バス釣り 新着記事 釣り

爆釣する水深を攻略!バス釣りのルアーをレンジごとにまとめて紹介!

皆さん、こんにちわ!

魚は色々なタイミングで水深を変えます。

朝夕のフィーディングタイムには浅場まで上がって来ますし、

暑い時期は深く水温の低い所、もしくは水通しの良いところや、障害物などで出来るシェードに入ったりします。

ブラックバスを釣るには色々なレンジを探って魚の居場所を見つける必要があります。

もし、探し当てれなかったり、何も知らずにただひたすらルアーを投げていたら、全然釣れなくて、くたびれてしまう釣行になってしまいます。

そのうち飽きてしまって納竿なんて事も。

そんな状況でも素早く魚の水深を探れるいろいろなルアーがあります!

今回はそんなルアー達を紹介していきます!

記事の信頼性

ダイビング、釣り、登山、キャンプなどアウトドアが大好きでその歴は15年ほど。

アウトドアを発信したい!という思いからあらゆるメディアで記事を執筆したり、SNSでの情報発信しています。

アウトドアを通して人生の新たな楽しみが増えること祈っております!

トップウォータープラグ

その名の通り水面で魚を探すルアーです。他のルアーの様にリップが下向きに付いていなくて、むしろボディが上、または横に向く様に設計されています。

トゥイッチするとポコポコっと音を出し水しぶきをあげます。

その時にボディを横に振ったり上下に激しく揺れたり。

その音が小魚の捕食音に似ていて、周りにいるブラックバスの捕食スイッチも入ってしまうと言うルアーです。

色々なデザインがあって小魚はもちろん、カエル、セミ、ネズミなんかもあります。

トップウォーターは狙った障害物の横を通す時に、出ろ!出ろ!と思いながら巻いてくるのですが、自分の狙っていたとこを通った時にバスが水面を割って飛び出してくると、最高に楽しいです!僕は梅雨から初秋まで位は一投目に持ってきます!

僕の経験上1番実績のあるトップウォータープラグがメガバスポップMAX!

ミノー

水の中を素早くジャークしバスにアピールするミノー。

ルアーといえばこの形ってイメージですよね。

フローティング、サスペンドシンキングと大きくさ3タイプあり、止めた時に浮き上がるのか、その場で留まるのか、ゆっくり沈んで行くのか。

魚の活性でより良いタイプをチョイス出来るかが大切です。 

あ誘いのアクションが沢山あるルアーで、竿先を下向きに叩いてやる様にトゥイッチしたり、ズルズルとい引いてきて、ピタッと止めるストップ&ゴー。 

ただゆっくり巻いてくるのも効果的と言う人も結構多いです。

クランクベイト

クランクベイトはとても水深の調整幅が多いルアーで水面直下から、ディープクランクになると7mほど潜るタイプもあります。アクションはほぼ巻くだけでOK

手返し良くパイロットルアーの代表です。

アタリのある水深まで色々なレンジをどんどん回す。

障害物に当たって、ブルンと抜けた瞬間にアタることが多いので底にたまに当たるくらいの水深のるクランクベイトが良く釣れますよ。

クランクベイトを使用するときのロッドの選び方ですが、硬い高弾性カーボンロッドでは、どうしても巻物の性質上、バスが上手くアタックしてくれれば良いですが、あたりを弾いてしまうことが良くあります。

なので、クランクベイト使う竿は、ティップが入ってくれるグラスロッドをお勧めします。

朝夕のまずめは、このお気に入りシャロークランクを良く投げます。

スピナーベイト

スピナーベイトほど水深を変えやすいルアーはないかもしれません。

投げて着水したらすぐ立ち上げて水面直を引いてきても釣れるし、底までカーブフォールさせてディープエリアのスローロールでもやっぱり釣れる。

僕のイメージですがスピナーベイトは思ってるより早く巻いてきた方が良く釣れると思ってます。バスにしっかり見せるより、早く巻いてバスに何がはっきり認識させない位のスピードの方がバスのスイッチが入るのか、釣果が良い気がします。

あまり深く考えず、パイロットルアーなのでガンガン巻いて行く方が良いでしょう!スピナーベイトのブレードについてですが、細く長いタイプのウィローリーフブレード、るフラッシングが強くバイブレーションが弱めのタイプ。

丸く短いのがコロラドブレード、フラッシングが弱いけどバイブレーションが強いタイプ。

あんまり見かけないインディアナブレードはそのきに2タイプの中間くらいのアピール。

スピナーベイトの最後に釣り仲間と良く意見が分かれるのですが、トレーラーフックを付けるか付けないか?『そんなの付けても付けなくてもかわらんよ~』と良く言われるのですが、僕は買った時点で付けます!今まで釣れたバスのほとんどがトレーラーフックに掛かっているから僕は必ず付けています!トレーラーのワームは付けませんが…

スピナーベイトは釣れなくても一日中巻いてられる楽しいルアーですよね!

バイブレーション

だいたい11月位から春先の3月中旬位までの僕の1番の友達のバイブレーションはとりあえず重たい20g以上のタイプが好みで、ウェーディングで良く使います。

8フィート以上のロッドで20ポンドのフロロカーボンを巻いてセットしています!

あとは室伏選手になりきったつもりで大遠投!ボトムについたら糸ふけとってリフト&フォールの繰り返し。

その時気をつけているのが、リフト&フォールのアタリのほとんどがリフトし終わっての上死点…ルアーが一瞬止まった時!のその瞬間だけ注意しています。

それと、もう一つのパターンは、投げて、底まで沈めたら、ゆっくり、ゆっくりと巻きます。

バイブレーションするかしないかくらい、ブルブル…ではなく、コトコト…そこで、ルアーが何か障害物に当たったら、素早くリフト!アタらなかったら、また沈めて、ゆっくりコトコト…。

色々なメーカー様からバイブレーション販売されていますが、僕はこのTNシリーズが気に入っています。水中での姿勢が、ほぼ垂直に立ち上がった状態でいるので、根がかりが少ないうえに、通常のトリプルフックからダブルフックに変更しておくで、根がかりはかなり軽減されます。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました!

以下、まとめになります。

  • バスのいる水深を見つけて、効率よくバスをキャッチしていこう!
  • 活性の高い時間帯は、アピール力と迫力度の高いトップウォータープラグを積極的に使ってみよう!
  • 雰囲気はあるけど、イマイチトップに出きらないときは、ミノーのキビキビしたアクションで誘ってみよう!
  • 手がかりがあまり見つけられないときは一定の層を巻いてこれるクランクベイトをラン&ガンで探ってみよう!
  • スピナーベイトのカーブフォールで、縦に探してみよう!早めに巻いてバスのスイッチを入れてやろう!
  • バイブレーションのリアクションバイトの破壊力を試してみてね!

釣り場には、魚と人と危険が共存しています。

キャストする際は、周囲の確認。

安全に釣りしましょうね。

長くなりましたが、お付き合いありがとうございました!



  • この記事を書いた人

yu-ji

「アウトドアで人生を豊かにするコンテンツを増やす」をテーマに情報を発信しています。私自身「釣り」・「キャンプ」が好きでよく出かけています(^^)/ アウトドアって最高!!

-バス釣り, 新着記事, 釣り