フカセ 新着記事 釣り

投げ釣り初心者にこそ知ってほしい!そのラインをオススメする理由

皆さん、こんにちわ!

投げ釣りを始める時には、竿、リール、仕掛けなど準備するものが色々あります。その中でも

「ライン」はあまり気にされない人が多いです。

投げ釣りセットを選ぶ時も竿の長さやセット品の内容は気にしますけど、どんなラインかを見て選ぶ人はいません。

このラインのことを知って選んで使うことで釣果が変わるんです。

ラインには、ナイロンラインとPEラインがあり、その中で種類も沢山あります。そんな中から、

なんでそのラインを使うのかという特徴を紹介したいと思います。

記事の信頼性

これまで、釣り・登山・キャンプ・ダイビングなど様々なジャンルの経験あり。しっかり悩みを解決できるよう役立つ情報を発信致します!

知ってほしいラインの役割

ラインの役割は主に3つあります。

衝撃を吸収するクッション

投げ釣りで仕掛けを投げた時に重さで糸が切れたり、魚が掛かってラインが切れることがあります。

ラインは長くなればなるほどクッション性が高くなるので、仕掛けが切れてなくならないように助けてくれます。

材質や太さ、形によってもクッション性は変わるので、そのことについては後で詳しく説明したいと思います。

仕掛けを運ぶ

ラインはリールから出て、竿を伝って仕掛けとつながっています。

当然仕掛けが魚の口元に届かなければ、どんなにいいリールや竿や餌があっても

魚は釣れません。

魚の口元へ届ける、運び屋として大事な仕事をしています。

情報を釣っている人に伝達する

ラインはまさに調査員として海中に潜り、陸上にいる釣り人に大事な情報を届けて

くれます。海底の起伏、潮の流れの向きや速さ、魚の食いつき方やアタリなどが

ラインを通じてわかります。

ナイロンラインとは

魚釣りの糸と言えばナイロンラインと言えるほど、知られているので初心者の人にも

馴染みやすいラインです。その特徴を説明します。

ナイロンラインの特徴1つ目は、「価格が安い」ということです。

様々な材質のラインが販売されている中でお手頃価格でコストパフォーマンスが高いです。

特徴2つ目は、「クッション性」です。

ナイロンラインは伸び縮みがあるので大きな魚が掛かってもいきなり切れることなく、クッションのように受け止めることができます。

しかし、クッション性の弊害としてルアーやエギングで必要な素早いアクション動作が苦手です。

ビヨーンという感じで動き、シュッという感じには動きません。なので、ラインが太くなると

弱いアタリに対しての感度も低いです。

特徴3つ目は、「扱い安い」ということです。

ラインの結び方や保管方法、絡みづらさや絡んだ時にほどきやすいなどの釣り人を悩ませる

ライントラブルの少なさにつながり、釣れないこと以外のストレスを減らしてくれます。

おすすめはこちら!

PEラインとは?

ルアーやエギング、遠投などでよく使われてラインで釣りに慣れてきた人がさらなる釣果や

技術を求めて使用されることが多いです。投げ釣りにハマった人にはコチラがオススメです。

それでは、PEラインの特徴を説明しますね。

PEラインの特徴1つ目は、「価格が高い」ということです。

ナイロンやフロロカーボンに比べて高価で初心者から手を出しづらいところがあります。

しかし、一度使用してみると納得の性能を持っているので、PEライン愛用者は単純に

金額だけではなく、価値観で考える人も多いです。

特徴2つ目は、「感度の良さ」になります。

ナイロンやフロロカーボンと違い、伸び縮みがあまりありません。そのため、ルアーや

エギングなどのアクション動作に向いています。さらに伸び縮みがない分、弱いアタリでも

感じ取れたり、海底の変化などもわかりやすいです。

特徴3つ目は、「強度の高さ」になります。

PEラインは繊維を編み込んで作られているため、細くても強いというラインになります。

この恩恵は非常に大きく、ラインは細い方が抵抗が少ない為、遠くに投げれる、魚にバレない、

感度が良い、しかし弱く切れやすいということを補えるラインになります。

特徴4つ目は、「扱いづらさ」になります。

PEライン結び方や保管方法が悪いと能力を十分発揮できません。

ラインが絡んで結び目ができると固くてほどけず、そこから切れてしまうこともあります。

正しい結び方を習得することと、保管方法を知っておく必要があります。

PEラインはこちらがおすすめ!

知ってほしい力糸のこと

ラインは細い方が釣果が得られやすいのですが、「強くないと大物が釣れないじゃないか」

そのような声に対応しているのが、「力糸」別名をテーパーラインと言います。

手元側はラインの太さや強度と同等ですが、仕掛け側に行くに従って太くなっていく形状をしているものです。

材質はナイロンやフロロカーボンで、クッション性に特化したもので、ラインと仕掛けの間に取り付けて使われます。

細仕掛けでの大物狙いや、遠投する時の高切れを防ぐために使用します。

PEラインを使う場合は、必ずと言っていいほど使われています。

おすすめはこちら!

まとめ

最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

  • ラインの役割を理解する
  • おすすめのライン
    ・ナイロンライン
    ・PEライン(PEラインには、リーダーとして力糸を使おう)

ラインについてもっと知っていただけたでしょうか?

縁の下の力持ち的な役割を目立つことなくこなすラインのことを知ってもらい、

きちんと選んで使用してもらえれば、これまでよりも釣りが面白くなり、釣果も上がっていくと思いますので、

これからも是非良い釣りを!



  • この記事を書いた人

yu-ji

「アウトドアで人生を豊かにするコンテンツを増やす」をテーマに情報を発信しています。私自身「釣り」・「キャンプ」が好きでよく出かけています(^^)/ アウトドアって最高!!

-フカセ, 新着記事, 釣り