フカセ 釣り

【釣りの原点】フカセ釣りの初心者でもわかるタックル紹介!

こんにちわ、yu-jiです!

 

フカセ釣りと言われると、荒波の磯で竿をしならせて大物を釣りあげるイメージが強い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そしてそんな釣りなんて初心者が到底できるものではないとも思ってるのはないでしょうか。

 

違うんです!実は初心者にこそフカセ釣りをやってもらいたい釣り方なんです!

 

ですが、いきなりそんなこと言われても初めて釣りを始めようと思ってる方には聞きなれない道具や言葉ばかりで難しいですよね。

 

そこで今回のこの記事では、

悩み

・フカセ釣りを始めたいけど何を揃えたらいいかわからない

・仕掛けの作り方がわからない

・いくら金額がかかるの

といった悩みを解決いたします!

 

ポイント

アウトドア歴15年ほど。

これまで、釣り・登山・キャンプ・ダイビングなど様々なジャンルの経験あり。しっかり悩みを解決できるよう役立つ情報を発信致します!

 

この記事を読んでさっそくフカセ釣りを始めましょう!

 

初心者が釣りを始めるならフカセ釣り!

 

なぜ釣りをこれから始めようと思う人にフカセ釣りをおすすめするかと言うと、釣りの基礎が幅広く学べるからです!

 

決して他の釣り方が全然学べないと言っているのではなく、始めにフカセ釣りを学んでおけば簡単にほかの釣り方を始めたり、派生することが出来ます!

 

集める道具も多く、敷居も高そうに感じますが大きい魚から小さい魚まで数多くの魚種を狙えるフカセ釣りは、古くから多くの人を虜にしてきた釣りであるのは間違いないと思います。

 

必要なタックル(道具)を紹介

必ず必要なもの

磯竿 ハリ
リール マゼラー
道糸・ハリス シモリ玉
バッカン ウキ止め
シャク 潮受パーツ
ウキ ペンチ
ガン玉 クーラーボックス

多いですね。

 

必要な道具を記載しましたが、まずこの道具たちの羅列でフカセ釣りを諦めたくなるかもしれません。私も始めは何度も調べて揃えることを諦めようと思いました。

 

ですが、一度揃えてしまえば長く使えるものばかりですので、購入しても損はないと思います!

 

では早速それぞれ道具の紹介をいたします。

 

磯竿

フカセ釣りで使用する竿は主に「磯竿」になります。

 

この竿には長さと号数と言われるものがあり、長さは5m前後が基本となり初心者の方は4.0~4.5mが扱いやすくておすすめです!

 

号数は1~2号が基本となり数字が大きくなるにつれ硬くなります。竿を初めて購入するのであれば1.5号にしたほうが、サビキ釣りにも使用することが出来るのでおすすめです。

 

一万円前後でエントリーモデルが購入できます。

 

フカセ釣りでチヌ狙いならこの竿で間違いない!おすすめ3選

続きを見る

 

おすすめの磯竿について紹介しているので、良かったら参考にしてみてください(^^)/

 

リール

フカセ釣りには主に「スピニングリール」を使用します。

 

リールにも竿と同じく番号がありますが、2500~3000番のものを選びましょう!

 

なお、スピニングリールにはレバーブレーキがついたものがありますが、これは使い方を教えてもらえる知人がいるか、YouTubeなどで自分で使い方を調べられる方は是非購入をおすすめします。

 

Youtubeでの使い方紹介はこちら!

 

動画をみてもよくわからないなぁという方は無理に購入しなくても大丈夫です。

 

フカセ釣りにハマり、極めていきたいとなったときは必ず必要(恐らく高価なものを)と思うようになるので、最初は安価なレバーブレーキなしで問題ないと思います。(笑)

 

有名メーカーの物でも5000円以下で購入できるのでまずはそちらの購入をおすすめします。

 

道糸・ハリス

道糸とはリールに巻く糸のことです。

 

主にナイロンラインを使用し、太さは2.5号を150m巻いておけばあらゆる場面で使用できるのでおすすめです。

 

ハリスとは道糸からハリまでの間の糸のことで、魚の歯で切れたり、かかった魚が暴れて岩などに擦れて切れるのを防ぐために必要です。

 

主にフロロカーボンが使われており、1.5~2.5号をよく使用します。魚の大きさや食いの状況に合わせて使い分けますが、まずは1.5号から購入してみてもらえば良いと思います。

 

金額は道糸とハリスで3000円ほどです。

 





 

バッカン

フカセ釣りではまきエサが必ず必要となります。

 

その理由は、

メモ

・撒きエサを撒いて魚を呼び寄せるため

・撒きエサと付けエサを海水の中で同じように漂わせて魚を掛けやすくするため

たまによほどお腹を空かしたのか、つけエサだけでも掛かる魚もいますが。(笑)

 

必要なバッカンには2種類あり、

まきエサを入れるための「まきエサ用バッカン」

海水を汲み上げるための「水汲みバッカン」が必要です。

 

価格は安価なものから高価なものまでありますが、堤防であればバケツでも代用できます。

 





 

シャク

まきエサを巻くために必要な道具です。

 

狙いたい場所にピンポイントに撒くにはコツがいりますがすぐに上達するので大丈夫です。

 

私も始めのころ広範囲に撒き散らしてましたが、コツをつかめばある程度まとまるようになりました。(笑)

 

価格は1000円~1万円となっていますが、1000円程度のものをおすすめします!

 

 

 ウキ

フカセ釣りで使うウキで最も種類が豊富なのが円錐ウキです。ウキの役目は主にアタリを判断するために使用します。

 

また、この辺りから覚えるのも理解するのも難しくなりますが、まずは0、G2、2Bと書かれたウキを3種類ほど持っていればほとんどの状況や場所で使用できると思います。

 

この数字は浮力を表していて、潮の状況によって選択することがあります。

 

サイズは使い勝手のよいMサイズがおすすめです!

 

価格は1000円台からとなっており、始めはロストする可能性もあるので安価なもので良いと思います。

 

ガン玉

ハリス等にはさみ、仕掛けを沈めやすくするためのオモリのことです。

 

メモ

ガン玉も番号があり、例えばBの浮力があるウキに対してはBのガン玉を使うなど、ウキの浮力に合わせて仕掛けに入れることで、さしエサが違和感なく魚がいる層に落ちるために使用します。

 

ガン玉の重さは6BからG8までの大きさがありますが、まずは3BからG3程度を揃えておけば基本的なウキの浮力や状況に対応出来ると思います。

 

釣り具屋さんではケースで売っていたりしますが、私はバラ売りの安価なものを購入し100円ショップの薬ケースを使用し節約してます。(笑)

 

その他フカセ釣りに必要な小物を紹介!

ハリ

ハリも種類が多いですが、ハリごとに対象魚が記載されてます。

フカセ釣りの主な対象魚なグレ狙いであれば4号~6号、チヌ狙いだと1号~2号あたりを持っていけば良いと思います。

価格は数百円です。

 

マゼラー

バッカン内でまきエサをかき混ぜる際に使用します。スコップでも代用可能です!

 

シモリ玉

シモリ玉はウキをウキ止めで止めるために使用します。サイズは小で良いでしょう!

ウキ止め

ウキ止めは仕掛けを入れるタナ(深さ)を調整するために使用します。

ウキストッパー

ウキがハリスとの直結部分を通り抜けないようにする為の道具です。「からまん棒」とも呼ばれてます。

ペンチ

ガン玉を潰して抜けなくする際に使用します。釣り具屋さんで1000円弱ぐらいで売っていたりしますが、100円ショップの物で十分だと思います。(笑)

 

クーラーボックス

釣った魚を持ち帰るために必要です。せっかく釣った魚は美味しく頂きたいですよね!^^

クーラーボックスではなく発泡スチロールでも問題ないですよ!

 

【釣り必須アイテム】コスパ最強クーラーボックス6選

続きを見る

 

クーラーボックスはこちらにまとめて紹介しているので参考にしてみてください!

 

仕掛け作り

仕掛けの作り方については、以下の動画がわかりやすいので参考にしてみてください!

◆5分で作れるフカセ釣り仕掛づくり説明  『ふかせ釣り初心者入門編』 和歌山釣太郎

➡ リンクはこちらから!

 

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました(^^)/

 

ポイント

1.フカセ釣りの敷居は高くない!初心者にこそおすすめ!!

2.難しそうなタックル(道具)も一度揃えてしまえばすぐに理解できます。

3.3万円程あれば必要な道具は揃えられます。代用出来る物もあるので工夫してみましょう。

 

フカセ釣りを始めるならまずは比較的安全な堤防から始めてください。

 

そして慣れてきたら磯に挑戦してみましょう!きっと夢のような時間を過ごせると思いますよ^^

 

 



  • この記事を書いた人

yu-ji

「アウトドアで人生を豊かにするコンテンツを増やす」をテーマに情報を発信しています。私自身「釣り」・「キャンプ」が好きでよく出かけています(^^)/ アウトドアって最高!!

-フカセ, 釣り