アジング・メバリング 釣り

【アジング初心者必見】ジグヘッドワームの取り付け方を簡単解説!

皆さんこんにちわ、yu-jiです!

今回はアジングのワームの取り付け方について紹介致します。

初めてアジングにチャレンジしているあなた、ワームの取り付け方が分からなくて悩んでいないですか?

実はワームの取り付け方はとても簡単で、このサイトを見れば全て解決します。

さらに、取り付け方以外にも重要なポイントをいくつかご紹介しています。

記事の信頼性

これまで、釣り・登山・キャンプ・ダイビングなど様々なジャンルの経験あり。しっかり悩みを解決できるよう役立つ情報を発信致します!

アジングワームの取り付け方

今回は初心者でも分かる「アジング用ワーム」の取り付け方をご紹介します。

私も過去にチャレンジし、失敗だらけだったので過去の経験を元にお伝えします!

ジグヘッドの針が抜ける部分を確認する

動画でも説明があるように、針の抜ける部分を事前に確認しておくことが大事です。

初心者にありがちなのが「適当に刺せば大丈夫だろう」と勘違いして、自己流でワームを刺してしまうことです。

そうなると釣果が期待できません。

ワームが真っすぐになるように、針が抜ける部分を確認して刺しましょう。

アジングワームを真っすぐ刺すメリット

ワームの機能性を発揮させる為。

ワームは水中では小魚に似た動きをします。その為、曲がっていたりすると、シャクルときに不自然な動きになり、魚の食いつきが悪くなります。ワームの機能性を発揮する為に真っすぐ刺しましょう。

ワームを長持ちさせる為。

失敗して何度も刺し直すと、ワームがボロボロになってしまいます。

私が初心者のころは、失敗する度に刺し直しており、ワームが直ぐにダメになるのです。

ワームも結構高い物もあるので、無駄にしない様にしましょう。

アジングワームの選び方

取り付ける方法を知ったとしても、何のアジングワームを選ぶかによって釣果も変わります。

そこで、初心者の方のためにアジングワームを選ぶポイントも厳選しました。

アジングワームのオススメな形状

初心者がアジングワームを選ぶときは、基本的にストレート型で大丈夫です。

テール(尻尾)が真っすぐで、比較的扱いやすいですよ。

他にもテールが丸みを帯びている物や、L字型になっている物もありますが、最初は気にせずストレート型を選びましょう。

アジングワームのオススメな色

釣り場の状況によってアジングワームの色を変えることも、釣果に影響します。

基本的に色はクリア系(シルバー色)を選びましょう。

手始めにアジの食いつきを見る為に、多くの方がクリア系から始めています。

私も始めはクリア系のワームから始めました。

また、水が濁っていて反応が悪い場合、イエローやピンクなどアピール力が強い物を選びましょう。

この3種類の色が定番です。


ナイトアジングで1番いい色は〇〇!?正しいラインの色の選び方まとめ

続きを見る

上記の記事でおすすめのワームを紹介しているので、参考にしてみてください!

アジングのジグヘッド選び方

狙っている魚によって、ジグヘッドの選び方も変わってきます。

ですが、今回はアジを限定にして、私なりのジグヘッドの重さ・形状・サイズ・カラーを調べてご紹介します。

ジグヘッド重さ

ジグヘッドの重さは2g〜50gまであります。

その中でも比較的に使用されているのが1g〜5gですね。

最初は2gから様子を見て、風や潮の流れが早いなら、重いジグヘッドに変えていきます。

3〜4種類のジグヘッドを常時用意しておけば、問題はありません。

ジグヘッド形状

ジグヘッドには大きく分けて【丸型】【矢じり型】があります。

【丸型】ジグヘッドはただ巻いているだけでも、常に安定しておりストレート型のアジングワームとかけ合わせが抜群です。

それだけでも、初心者には十分だと思います。

私も最初の仕掛けは【丸型】ジグヘッドとストレート型のアジングワームだけでした。

【矢じり型】ジグヘッドは【丸型】とは違い、左右に揺れるようになっています。

そのため、反応の悪いアジには効果的ですし、ロッドの動きもジグに伝わりやすい形状となっています。

また、魚の食欲を引き立てやすいジグヘッドでもありますし、根かりしにくい特徴もあります。

フックサイズ

磯からよく釣れるアジは10~30㎝ですので、概ね#8~#16のサイズで大丈夫です。

基本的には#8が最も使われているサイズです。

#10~#16は小型のアジ狙いで主に使用します。

最初から使い分けるのは難しいと思いますので、取り合えず#8のフックサイズから始めましょう。

ジグヘッドカラー

ジグヘッドカラーは基本的に銀色がメインです。

釣り人の間では「ジグヘッドにカラーが入った方が反応がいい」と言う人もいますが、私はそこまで、変化は感じませんでした。

ですが、何度かアジングを経験したのちに、様々なジグヘッドカラーで試しても良いと思います。

まとめ

最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

以下まとめになります。

ポイント

  • 始めに針が出る部分を確認しておく。
  • アジングワームに針を真っすぐ刺すこと。
  • アジングワームの形状はストレート型を選ぶ。
  • アジングワームのオススメの色はシルバー・ピンク・イエローの3種類。
  • ジグヘッドは1〜5gで2〜3種類準備する。
  • ジグヘッドの形状は【丸型】一択。
  • ジグカラーは最初は銀色だけで大丈夫。

この流れで選べば大丈夫です。

何度もアジングをして上達してきたら、どんどん新しいことにチャレンジしましょう。

【使うリグや場所によって変わる】後悔しないアジングロッドの硬さ選び

続きを見る



  • この記事を書いた人

yu-ji

「アウトドアで人生を豊かにするコンテンツを増やす」をテーマに情報を発信しています。私自身「釣り」・「キャンプ」が好きでよく出かけています(^^)/ アウトドアって最高!!

-アジング・メバリング, 釣り